東方神起チャンミン溺愛ブログ。
BqVaWTGCUAAnZfI.jpg
ちょっ・・・なんだろ・・・
あきらかに周囲から浮いてるオーラ
出しまくりの少年が約1名おられるんですが(^_^;)

このオーラはシコモンスシムチャンミンの
生まれながらの才能ですよね^^
全く手が加えられていない
無垢な才能だと感じます。

突然ですが・・・

私はバトミントンやっていて
SMEにスカウトされて
「東方神起」のメンバーに一番に抜擢された
チャンミンは生まれながらに
「芸能界で生きる才能」に恵まれていた人だと
思っています。

よくチャンミンは「努力の人」だと
言われるけれど
やっぱり「恵まれた才能」ありきの
選ばれし人だと思います。

もともとチャンミン自身は自分の
そういった才能に対する自覚が
全くなかったわけで、
幼いころから、自分の才能に対する自覚を持って
芸能界を目指していたユノとは違い
「芸能人としての自覚」をしっかり自分に
落とし込むまで時間がかかってしまったと思うけど
「東方神起」に選ばれた時点で
ユノとチャンミンの「才能」は同レベルのものであった
と私は思っています。
もちろん性格は違うし、自分をアピールできる
得意分野も違うけど
それは「個性の違い」であって、
「才能の違い」じゃない。

東方神起のなかでは「リーダー」と
「マンネ」だったけど
それはそれぞれの役割が違っただけで
「才能の違い」じゃない。

ユノもチャンミンも、
「アーティストとしての資質」に
差はないと私は思っています。

「努力できること」も
ひとつの才能だとしたら
その部分でも
ふたりは同じレベルの才能を
持っていたといえると思います。

よく「ユノについて行けるのは
チャンミンだけ」的なことを
おっしゃるトンペンさんが
いらっしゃいますけど
断じてチャンミンはユノに
ついて行ってるわけではないと思います。
もちろんユノは年上ですしリーダーですから
立場からいったらそうなるのかもしれませんが、
チャンミンはユノにただ従って
ついて行ってるわけではないと思います。
チャンミンはチャンミンだけで
チャンミンのやり方で
「東方神起」を生きているはずです。

5人の「東方神起」を2人で復活させることを
決めたのはユノとチャンミンじゃなく
イ・スマンですよね^^

でも、その決定を受け入れた時、
ふたりはそれぞれに
「東方神起」をもう一度生きよう!と
決めたはずです。

お互いに
ユノがいるから・・・
チャンミンがいるから・・・
といった甘えた感情ではなく
自分自身がひとりのアーティストとして
「東方神起」の中で輝きたいという
明確な意志を持って
再始動に臨んだと思います。
ふたりはお互いになくてはならない
パートナーですが
「どちらかがどちらかについて行く」
というような「主従関係」ではなく
個々に自立した2人のアーティスト
の運命共同体のようなものが
「東方神起」なんじゃないかと
私は最近、特に感じます。

ユノとチャンミン・・・
それぞれの「才能」と「強い意志」と
「強靭な精神力」がなければ
今の東方神起はなかったと思います。

BqU1E6BCcAAg_1c.jpg
発売1週間にして、とうとう東方神起が
デイリーランキング1位になりました
あの神番組の影響かもしれません。
この粘り強さはすごいです!

これは東方神起の「日本現地化戦略」が
確実に実を結んだ結果だと思いますが、
今のユノとチャンミンを見ていると
「戦略」って言葉
にとても違和感を感じます。

たしかに最初は
「戦略」だったかもしれない・・・
そりゃ、未成年の少年を言葉もわからない国で
芸能活動させること自体
会社の「戦略」以外のなにものでもなかったと思うけど
今は違うと思うのだ・・・

今のユノとチャンミンにとって
日本での芸能活動は
アーティストとしての自分を表現できる場所
そして、アーティストとして
成長していける場所だと
感じてくれているのではないだろうか・・・

ライブでのふたりの言葉を聞くにつけ
ただ会社の「戦略」の一環として
日本のツアーをやってるわけではないと
感じます。

そうでなければ、日本人の私達の心を
あれほど感動させるライブなど
できるはずはない・・・
私はそう思います。
日本のファンと東方神起の間には
間違いなく「絆」があります。
心から応援するファンとそれに
真摯に応えようとする東方神起

ビジネス戦略だけだったら「絆」なんて
生まれないよね

ふたりの「豊かな才能」と「たゆまぬ努力」と
「謙虚な人間性」を心から称賛します。
そして・・・
感謝します。


いよいよ、東方神起の今年のライブツアー
集大成の京セラドーム
また、どんな伝説が生まれるか楽しみです
「TONE」の京セラドームオーラスは
すでに私の中では伝説です^^


BnNMTdGCcAA8mOt.jpg
BqTX9RwIgAA9Qjq.jpg
何かが終ろうとする時
ファンが寂しくなる時
いつも次の楽しみを
準備していてくれる君達・・・
でしょ?


「TREE」ツアーもいよいよラストの
「京セラドーム」だというのに
こんなとりとめもないひとりよがりな
ウザイ記事ですいません

大阪遠征の準備もできていないのに・・・

いよいよラストの京セラドーム・・・
「レッドオーシャンチーム」の愛を
ふたりの心に刻んであげるわ!
と意気込んでいる方^^
ポチっとお願いしますm(__)m



ブログランキングならblogram
画像はお借りしましたm(__)m

拍手もいつもありがとうございますm(__)m
スポンサーサイト

[2014/06/18 08:00] | 東方神起
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


意味のある記事…
チャミチャミ
shimkyonさん、皆さん、おはようございます^ ^

「どちらかがどちらかについて行く」

・・・そんな低次元な事で成り立つ程、生易しいものではありませんね、「東方神起」!!!

shimkyonさんの書かれた本日の記事。

意を唱えたい人は必ずいるでしょうが、「東方神起」と言うグループを…。
ユノを、チャンミンを…。
本当に的確に表現していると思います。

「頼る」と「依存する」との大きな違いは、お互いの才能やレベルが同等であるか否かの違いです。
信頼は、絆であり、同じレベルの人間の間で、より良く育まれていくもの。
どちらかがどちらかを引っ張って行かなければならない、不均衡な関係性では成り立ちません。

お互いが常に己自身で立っているからこそ、頼りあっても潰れない。
同等の力無くして、今、こうしての東方神起は存在しません。

同じレベルの才能、真逆の個性…。
それが一体となったのが、私達の愛してやまない「東方神起」
それは紛れもない事実だと、私も思っています。

ユノ
チャンミン
2人が共に作っていく東方神起…!

shimkyonさん、そうですね^ ^
戦略を越え、2人が東方神起を生きているからこそ、私達との絆が生まれ、お互いを愛しあえるのですよね^ ^

愛していきますとも、これからもずっとね…^ ^

京セラ・・・
終わってしまう寂しさを封印して…!
オーラスに参戦します!

皆さん!
We Are T(^o^)/


管理人のみ閲覧できます
-


凄いことをこの二人は
みかりん津軽
チャンミン。。二人からのペンだけど、初めて過去形のトライアングルという曲のmvを見て、まだおさない荒削りのユノ、そしてチャンミンから巨大なオーラを感じた。特にチャミはほんとに子供のようであるのに、なんで一発でこの曲のイメージを表現してしまうんだろうと、すごいなって。そういうのを才能というのかわからないし、チャンミンが自分のなかで自覚さえなかったとは後で知ったのだけど。この子はヤバイわとゆのぺんの私は思いましたよ。
ユノの誰にもない才能、チャンミンの誰にもない才能、そんな二人の巨大な才能、タッグを組んだらそりゃ半端ない。二人は互いのそれを努力と信頼で開花し合えるように合致しています。比較や上か下か等と微塵でもあったなら、マジsimkyon さんのおっしゃる通り、すでに無理です。今までの素晴らしいステージもこれからもないでしょう。
互いの絆、信じきるって、考えも個性も違う二人がこうやってペンの前にいるのは、実際一口でできるものじゃないと思うと、やはり二人の才能もともかく、心がよほど強くぶれず、謙虚で真摯であるということですね。
今日のsimkyon さんの記事で東方神起を通して、今自分が抱えてる問題に右往左往してる自分に少し光が戻ってきたように思います。信じきれる強さ、変わらない相手への謙虚な心。すごいです二人って。その土壌があって互いにもって生まれた才能の花もステージで咲くんでしょね。
京セラドームいかれる皆さんに二人の姿見届けて来てほしいです。一度もtreeはいけなかったけど、たくさん味わった気がします。最後の最後まで無事成功を祈ってます(*^^*)


ゆみごん
shimkyonさん、
私のつたない表現ではまったく説明できない・・・
本日のあなた様の記事に激しく激しく同意させてください。
こんな風に東方神起をとらえられるファンってすごいなと思います。
なんといいますか・・・感動してしまいました。
京セラ、楽しんでくださいね。
わたしは1日入魂の参戦です。



みさ
初めてのコメントです。いつもブログを拝見させていただいています。感動しました。毎回、心にぐっとくるのですが、なぜでしょう…。今日はコメントせずにはいられませんでした。私はいつも2人の事を想っています。でもそれを上手く表現できずにいます。こんなにおもっているのに…。それをいつも代弁してくださって本当にありがとうございます
。これからも、素敵な言葉で2人への愛を綴って下さい。失礼します。


シムT
最高のゴールには
伝説のアシストが…


どちらが…ではなく
1人では成り立たないのです。

たった2人の
東方神起というチームのため
全力を尽くす

ユノと
チャンミンが

ただただ好きで
応援せずにはいられません。

このふたりだからこそ。


き☆ちゃんみん
こんにちわ。
ユノとチャンミン、それぞれの才能、個性が組み合わさって、今の唯一無二の東方神起が出来上がっていると私も思います。

私はユノのダンスとチャンミンのダンスは別物だと思っています。
ユノはキレキレなダンス、チャンミンは長身で長い手足を活かした、しなやかなダンス…
上手く説明出来ないのですが、ユノのダンスが基準ではなく、それぞれのダンスが東方神起のパフォーマンスを作りあげていると思います。

2人が同じダンスでは個性がなくなってしまいますよね。
多分、チャンミンがユノについて行ってる…って言葉はユノのダンスを基準にするから出てくる言葉なのでしょうか…
ユノのダンスはキレキレでカッコ良い。
チャンミンのダンスはしなやかで、またユノとは違った魅力があります。

2人が目指す所が同じでブレがないから、今の東方神起があり、常に進化しているんでしょうね。
これからも、どんな東方神起になっていくのか、すごく楽しみです。

チャンミンの歌唱力も、持って生まれた才能ですよね。
本人は気付いていなかったけれど、発掘されて本当に良かったです。

自分達の才能を信じ、少しでも最高のパフォーマンスを…と常に前を見ている2人がライブを見ていて本当に愛しく感じ、これからもずっとずっと、応援していこうという気持ち新たにしました。

記事を読み返し、私もひと言伝えたくて、遅ればせながらコメ入れます。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/18(Wed) 09:14 |   |  #[ 編集]
意味のある記事…
shimkyonさん、皆さん、おはようございます^ ^

「どちらかがどちらかについて行く」

・・・そんな低次元な事で成り立つ程、生易しいものではありませんね、「東方神起」!!!

shimkyonさんの書かれた本日の記事。

意を唱えたい人は必ずいるでしょうが、「東方神起」と言うグループを…。
ユノを、チャンミンを…。
本当に的確に表現していると思います。

「頼る」と「依存する」との大きな違いは、お互いの才能やレベルが同等であるか否かの違いです。
信頼は、絆であり、同じレベルの人間の間で、より良く育まれていくもの。
どちらかがどちらかを引っ張って行かなければならない、不均衡な関係性では成り立ちません。

お互いが常に己自身で立っているからこそ、頼りあっても潰れない。
同等の力無くして、今、こうしての東方神起は存在しません。

同じレベルの才能、真逆の個性…。
それが一体となったのが、私達の愛してやまない「東方神起」
それは紛れもない事実だと、私も思っています。

ユノ
チャンミン
2人が共に作っていく東方神起…!

shimkyonさん、そうですね^ ^
戦略を越え、2人が東方神起を生きているからこそ、私達との絆が生まれ、お互いを愛しあえるのですよね^ ^

愛していきますとも、これからもずっとね…^ ^

京セラ・・・
終わってしまう寂しさを封印して…!
オーラスに参戦します!

皆さん!
We Are T(^o^)/
2014/06/18(Wed) 10:31 | URL  | チャミチャミ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/18(Wed) 10:58 |   |  #[ 編集]
凄いことをこの二人は
チャンミン。。二人からのペンだけど、初めて過去形のトライアングルという曲のmvを見て、まだおさない荒削りのユノ、そしてチャンミンから巨大なオーラを感じた。特にチャミはほんとに子供のようであるのに、なんで一発でこの曲のイメージを表現してしまうんだろうと、すごいなって。そういうのを才能というのかわからないし、チャンミンが自分のなかで自覚さえなかったとは後で知ったのだけど。この子はヤバイわとゆのぺんの私は思いましたよ。
ユノの誰にもない才能、チャンミンの誰にもない才能、そんな二人の巨大な才能、タッグを組んだらそりゃ半端ない。二人は互いのそれを努力と信頼で開花し合えるように合致しています。比較や上か下か等と微塵でもあったなら、マジsimkyon さんのおっしゃる通り、すでに無理です。今までの素晴らしいステージもこれからもないでしょう。
互いの絆、信じきるって、考えも個性も違う二人がこうやってペンの前にいるのは、実際一口でできるものじゃないと思うと、やはり二人の才能もともかく、心がよほど強くぶれず、謙虚で真摯であるということですね。
今日のsimkyon さんの記事で東方神起を通して、今自分が抱えてる問題に右往左往してる自分に少し光が戻ってきたように思います。信じきれる強さ、変わらない相手への謙虚な心。すごいです二人って。その土壌があって互いにもって生まれた才能の花もステージで咲くんでしょね。
京セラドームいかれる皆さんに二人の姿見届けて来てほしいです。一度もtreeはいけなかったけど、たくさん味わった気がします。最後の最後まで無事成功を祈ってます(*^^*)
2014/06/18(Wed) 15:28 | URL  | みかりん津軽 #-[ 編集]
shimkyonさん、
私のつたない表現ではまったく説明できない・・・
本日のあなた様の記事に激しく激しく同意させてください。
こんな風に東方神起をとらえられるファンってすごいなと思います。
なんといいますか・・・感動してしまいました。
京セラ、楽しんでくださいね。
わたしは1日入魂の参戦です。
2014/06/18(Wed) 18:00 | URL  | ゆみごん #-[ 編集]
初めてのコメントです。いつもブログを拝見させていただいています。感動しました。毎回、心にぐっとくるのですが、なぜでしょう…。今日はコメントせずにはいられませんでした。私はいつも2人の事を想っています。でもそれを上手く表現できずにいます。こんなにおもっているのに…。それをいつも代弁してくださって本当にありがとうございます
。これからも、素敵な言葉で2人への愛を綴って下さい。失礼します。
2014/06/18(Wed) 18:54 | URL  | みさ #PeLpisco[ 編集]
最高のゴールには
伝説のアシストが…


どちらが…ではなく
1人では成り立たないのです。

たった2人の
東方神起というチームのため
全力を尽くす

ユノと
チャンミンが

ただただ好きで
応援せずにはいられません。

このふたりだからこそ。
2014/06/19(Thu) 18:25 | URL  | シムT #wsZdPf2.[ 編集]
こんにちわ。
ユノとチャンミン、それぞれの才能、個性が組み合わさって、今の唯一無二の東方神起が出来上がっていると私も思います。

私はユノのダンスとチャンミンのダンスは別物だと思っています。
ユノはキレキレなダンス、チャンミンは長身で長い手足を活かした、しなやかなダンス…
上手く説明出来ないのですが、ユノのダンスが基準ではなく、それぞれのダンスが東方神起のパフォーマンスを作りあげていると思います。

2人が同じダンスでは個性がなくなってしまいますよね。
多分、チャンミンがユノについて行ってる…って言葉はユノのダンスを基準にするから出てくる言葉なのでしょうか…
ユノのダンスはキレキレでカッコ良い。
チャンミンのダンスはしなやかで、またユノとは違った魅力があります。

2人が目指す所が同じでブレがないから、今の東方神起があり、常に進化しているんでしょうね。
これからも、どんな東方神起になっていくのか、すごく楽しみです。

チャンミンの歌唱力も、持って生まれた才能ですよね。
本人は気付いていなかったけれど、発掘されて本当に良かったです。

自分達の才能を信じ、少しでも最高のパフォーマンスを…と常に前を見ている2人がライブを見ていて本当に愛しく感じ、これからもずっとずっと、応援していこうという気持ち新たにしました。

記事を読み返し、私もひと言伝えたくて、遅ればせながらコメ入れます。
2014/06/20(Fri) 14:35 | URL  | き☆ちゃんみん #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: